EclairViolet 結果 2006年4月 8日

本日の中山競馬2R3歳未勝利戦・ダ1800mに柴田善騎手で出走しましたが、結果は勝ち馬から4.8秒も離された11着と無残な結果に終わりました(x_x)
「ゲートで躓き出負けし、道中も焦って走っていたようだが走らな過ぎ」とジョッキーはコメントしていました。
私見では血統的にダートは向かないと思っていましたが、騎手・調教師は芝が向くがダートもこなせなくはないといった話をしていましたので善戦位は期待していました。もちろん初ダートという要素もありますがこれだけ負けてしまっては2度とダートは使って欲しくはないです、考えてみればしばらくは福島・新潟と裏開催も有るので優先権が無くとも芝を使う事は可能だったのではないでしょうか?コンマ2秒でタイムオーバーを逃れましたが、次の「4回中山」の開催なら逃れられないところでした…。
今後については奥平師によると、在厩で様子を見て問題無ければ次の東京開催の3週目辺りの芝を目標にするようです。また、今回レース前から周りを気にしたりする素振りが多く見られたのでメンコの使用を検討するようです。
1勝には目処が立っていた馬です、上手く立て直してほしいです。